首都圏
  • 閲覧履歴

  • 保存した検索条件

    最近検索した条件

お客様評価

5
K様
K様 2019年4月2日

深く信頼し心からの感謝の念をいだく次第です

今回販売をお願いしたマンションは京王線○○駅が最寄りです。
従って隣り駅の千歳烏山にある貴社をはじめ、他社Z、Yなどに販売を依頼するのが一般的です。
にもかかわらずなぜ貴社の府中センターの担当者さんにお願いしたかといえば、2年前に府中市の中古住宅をその担当者さんを通して貴社の仲介で購入し、また翌年当方の希望で担当者さんの口添を得て軽量鉄骨の家を建てた折の妻と私の経験によります。
中古住宅を購入する際だけでなく、本業とは直接関係の無い家屋の解体、整地、不要品の処分等に示された担当者さんのご配慮は、まことに人間味あふれる行き届いたものでした。
私どもが気付かない有益なことはもちろん、私どもがお願いしたことはすべて時を置かず120%の満足度でかなえてくれました。
それだけではありません。
そのハウスメーカーの建ててくれた家にはいくつもの不具合が見つかりました。
ガスの点検やハウスメーカー自身の点検によるもので、昨年5月中頃のことです。
そしてそれらの不具合については「改めてご連絡致します」と記入された「第1回定期点検報告書」(「書」とはいっても1枚の紙)を渡されました。
しかし、以後一切連絡がありません。
本年3月頭マンションの残金受取りが新宿の銀行でなされ、担当者さんとお会いしましたので、心底申し訳ないと思いながらもお力添えをお願いしました。
するとその日のうちにハウスメーカーから連絡が入り、ようやく不具合解消の動きがわずかながら出てまいりました。
ハウスメーカーから家の引渡しを受けたのは2年前の12月です。
15ヶ月ほどが経過しています。
第1回点検からでも10ヵ月になります。
担当者さんのお力添えが無ければ、今年3月末の今日でもハウスメーカーには不具合に関して何もしてもらえてないと確信しています。
担当者さんを深く信頼し心からの感謝の念をいだく次第です。
最後に大変私的なことを書き加えます。
府中市の中古住宅を入手し家を新築しようとした時、妻は胃癌ですでに闘病しておりました。
私どもは再婚で、妻は家を建てたことが無いというので、病気でめいりがちな妻を励ますために(ただそれだけの理由で)、妻の好きな間取りで妻の好きな建材を用いて小さな家を作った次第です。
そもそもその中古住宅を見つけてきたのも妻でした。
完成は、前述したように2年前の12月でした。
翌年の3月、もう歩くこともままならなくなっていた妻を息子の車で新築の家に連れていき、多摩川の両岸の稲城市と府中市の桜並木を存分に見てもらいました。
妻を元気づけるために妻好みの家を作るのだということは、当初から担当者さんのほかにハウスメーカーの担当者にも話してありました。
しかしそのような切実なせっぱ詰まった願いに真摯に応えて下さったのは、家作りとは直接関係のないはずの貴社の担当者さんの方でした。
妻は昨年の12月病院のホスピス病棟で亡くなりましたが、妻もまたどれほど担当者さんを信頼していたかを最後に託しておきたいと存じます。
家を作った会社の不誠実な対応に対して、担当者さんに口添えをお願いしてはどうかとすすめてくれたのは、実は亡くなる2ヶ月前の妻でした。

東急リバブル

センターからの返答

この度は当社府中センターをご利用いただき、誠にありがとうございました。
また、23区の不動産にも関わらず、ご売却のご用命をいただきましてありがとうございます。
K様との出会いは2017年の冬でした。
府中市内の中古住宅の内覧にお越しいただいた時の事、御自宅でお打合せをさせていただいた事、鮮明に覚えております。
奥様の夢を叶える為にK様が不動産購入をされた事、本当に素敵だと思います。
私自身も同エリア内を通りかかる時、奥様のご希望で建てられた建物の進捗をずっと見ておりました。
今回のご売却のご依頼についても、K様に少しでも喜んでいただきたくて、様々な販促手段を考え、現地販売会や投込みチラシ、HPの掲載内容の変更、私自身も全力で頑張る事が出来たと思います。
お引越し等でお忙しい時期かと思いますが、また、落ち着いたタイミングがございましたら、ご新居にお邪魔させていただければと思っております。
また、お力になれる事があれば何なりとお申し付け下さいませ。
120%の満足度を持っていただけるように全力でお手伝いさせていただきます。
引き続き、どうぞよろしくお願い致します。