首都圏
  • 閲覧履歴

  • 保存した検索条件

    最近検索した条件

よくある質問

オーナーチェンジ物件売却時の注意点は?

ご自身が居住されている不動産を売却する場合は、どのくらいの価格で売却できるのだろうか?無事に売却できるだろうか?買換え先がすぐに決まるだろうか? などのご心配があるかと思いますが、ビルやアパート、投資用のマンションなどの不動産を売却する場合は、この他に居住者がいる場合の売却についてご心配されているお客様も多いかと思います。

居住者への事前説明は必要だろうか?買い手はつくのだろうか?などお悩みは売主様ぞれぞれだと思います。東急リバブルでは今までの経験や実績をもとに、個別のお悩みに対しても細やかな対応をさせていただいております。

よくある質問_イメージ

オーナーチェンジとは?

オーナーチェンジとは、賃貸中の居住者はそのまま住み続けることを条件に売却することです。

よく当社に寄せられるご相談としては、売却するビルやアパート、投資用のマンションなどが賃貸中の場合でも売却することができるのか?ということが挙げられますが、お答えといたしましては、売却することは可能です。居住者から見てみるとそのままの生活を続けているだけ、オーナーだけが変更するということになります。

居住者がいる場合はこのようにオーナーチェンジ と呼びますが、空室の場合は居住者がいないわけですから、オーナーチェンジという呼び方はいたしません。

オーナーチェンジによって、売主様は賃貸借条件を買主様へ引き継ぐことになります。オーナーが変更になった場合、通常は売主様、買主様の連名で居住者にお知らせすることになりますが、家賃の管理などを管理会社に委託している場合はその通達が不要な場合もあります。居住者やご近所に売却することをしられたくないなどのご相談を受けることもございますが、このような場合でも売主様のご希望に配慮しながら、査定のためのご訪問や販売活動を行わせていただきます。

気をつけたいポイント

売主様が所有されている、ビルやアパート、投資用のマンションの売却をされることになり、東急リバブルに売却をお任せいただくことになった場合は、当社と媒介契約を締結していただくことになります。

査定をさせていただく際は入居状況もポイントとなります。買主様も家賃収入を目的に購入を検討されていますので、より空室率の低い物件に人気が集まります。

もし入居状況が思わしくない場合は、設備の見直しや空室率についてなども合わせてご提案させていただきます。そして、販売価格や販売時期などご希望に添えるように全力でサポートさせていただきます。

blue allow投資用不動産検索はこちら

よくある質問_イメージ

東急リバブルに寄せられた「よくある質問」

お客様の声
CONTACT

お気軽に
ご相談ください

山口 智充さん

マンション、土地、一戸建の居住用不動産のほか、投資用不動産や、事業用不動産もお任せください。
また、権利関係の難しい借地権や底地権などの不動産についてもお気軽にご相談ください。