• 不動産コラム・ニュース
  • 税制
  • 法律・制度
  • 鑑定士コラム
  • 市況・マーケット
  • 不動産ニュース
不動産ニュース/不動産の取引件数やマンション供給といった市況や業界動向などのニュースをお届けいたします。

東日本レインズ、中古M成約数2カ月減

(2018年3月13日)

 東日本不動産流通機構は12日、2月の不動産流通市場動向をまとめた。首都圏中古マンションの成約件数は前年同月比1・1%減少の3424件だった。成約件数の減少は2カ月連続。成約m²単価は51・19万円(3・9%増)、成約価格は3353万円(6・4%増)で、ともに62カ月連続で前年同月を上回った。

 首都圏中古マンションの新規登録件数は1万7335件(6・3%増)で、6カ月連続で前年同月比増となった。前月比では1・6%増。在庫は4万6675件(7・4%増)で33カ月連続で前年同月を上回った。エリア別の成約件数は、東京都区部1414件(1・6%減)、東京都多摩348件(0・3%増)、埼玉県392件(6・0%減)、千葉県407件(2・4%減)、横浜市・川崎市615件(1・8%増)、神奈川県他248件(3・8%増)。1月に18・8%の下落を示した神奈川県他はプラスに転じた。中古戸建ては成約件数1017件(13・3%減)、成約価格3188万円(3・4%増)。

(提供:日刊不動産経済通信)