• 不動産コラム・ニュース
  • 税制
  • 法律・制度
  • 鑑定士コラム
  • 市況・マーケット
  • 不動産ニュース
不動産ニュース/不動産の取引件数やマンション供給といった市況や業界動向などのニュースをお届けいたします。

東急不、マンション顧客向けにサービス

(2017年4月4日)

 ―収納セミオーダーや小児科オンライン

 東急不動産は、分譲マンションの顧客向けサービスを拡充する。このほど、新たに収納のセミオーダーシステムのほか、遠隔医療相談サービスを導入、暮らしにおける困りごとや不安を解消していく。

 収納のセミオーダーシステムは、マンションの設備仕様とカラーリングなどを統一、ユニットのサイズをパッケージ化して採寸を不要にしたほか価格もわかりやすくした。まずはニーズの高いリビング向けのパッケージ商品を準備する。扉を手前に倒すとワークスペースになるデスク収納は20万円程度。エンドユーザーの声を商品企画に結びつける活動「ブランズ ボイス」でも収納に関するニーズが高く、ユーザー向けイベントでも収納セミナーが人気であることから商品化した。整理収納アドバイザーの中山真由美氏が監修、インテリアのオプション販売を行なっている東急ホームズが窓口となる。新築だけでなく引渡し済みの物件にも販売を進める方針だが、4月より発売する「ブランズ日本橋浜町公園」(30戸)より提供を開始する。

 遠隔医療相談サービスは、スマートフォンのアプリ「LINE」や「Skype」などを利用し、小児科医に直接相談ができる。小児科医とのネットワークがある「Kids Public」(東京都北区、橋本直也社長)と提携した。居住者専用サイトから、同サービス「小児科オンライン」に接続する仕組みで、クリニックが開業していない平日18〜22時でも利用することができる。「ブランズシティ世田谷中町」(252戸)より導入し、今後、他物件にも順次導入する予定。1枠15分で、利用料は無料。医師への相談料は東急不が負担する。

(提供:日刊不動産経済通信)