神奈川県横浜市戸塚区のマンション一覧

選択中の条件
  • エリア:神奈川( 横浜市戸塚区 )
  • 価格:指定なし
  • 間取り:指定なし
  • 専有面積:指定なし
  • 駅徒歩:指定なし
  • 築年数:指定なし
  • 所在階:指定なし
  • おすすめ:指定なし
  • こだわり条件:指定なし
  • この検索条件を保存

地図上の該当件数

地図上の全ての物件を見る

アイコン説明
  • マンション
  • オープンハウス物件
  • 東急リバブル店舗

神奈川/横浜市戸塚区 の新築・中古マンション、物件検索一覧ページです。 新築・中古マンションの購入・物件の検索なら東急リバブルへお任せください。 神奈川/横浜市戸塚区 の新築・中古マンション物件の一覧から、価格・面積・駅徒歩などからお好みの条件で絞込みできます。


神奈川県横浜市戸塚区の地域情報

戸塚区は横浜市18区のひとつで、市の南西部に位置しています。南北に長くのびた形状をしており、面積は35.70k㎡で18区中最大の規模を誇ります。多くの区や市と隣接しており、北は旭区保土ヶ谷区、東は南区港南区、南は栄区鎌倉市、西は泉区藤沢市と接しています。多摩丘陵の南端に位置し、起伏に富んだ台地が続き、その間を縫うように柏尾川が区の中央部を南北に流れています。戸塚の街は、古くは鎌倉時代に鎌倉への玄関口として重要な役割を果たし、江戸時代には宿場町として栄えました。1887年に東海道本線横浜国府津間が開通し、戸塚駅が開業。1939年には鎌倉郡内の1町7村が横浜市に編入され、戸塚区が誕生しました。その後、区内に日立製作所をはじめ多くの企業が進出し、高度経済成長期には丘陵地の住宅地の造成、1980年代に入ってからは横浜・戸塚間に横須賀線東戸塚駅が開業して、駅周辺の大規模な住宅開発が進みました。現在は、戸塚駅および東戸塚駅を中心に、東京・横浜のベッドタウンとしての役割を担っています。区の面積の36%が市街化調整区域となっており、農業地や一部に残る山林などの緑地や、18区中2位の214ヵ所を数える公園など、緑に恵まれた地域でもあります。

交通アクセスについて

交通の中心は区の中央を縦断するJR東日本東海道本線・横須賀線で、それぞれの路線の停車駅である戸塚駅と東戸塚駅があります。戸塚駅では区内を横断する横浜市営地下鉄ブルーラインとの乗り換えが可能で、区内のその他の地域へのアクセスは、ブルーラインで戸塚駅から隣接の舞岡駅へ行くことができるほか、戸塚駅・東戸塚駅から発着しているバス路線が充実しています。戸塚駅の交通の要所としての需要は年々高まりをみせ、2001年の湘南新宿ライン登場後は、新宿渋谷池袋などの東京副都心へも直通で行けるようになりました。また、戸塚駅は成田エクスプレスの停車駅でもあり、成田国際空港へも乗り換えなしでアクセスできます。戸塚駅の乗車人員数はJR東日本・横浜市営地下鉄を合わせると一日平均15万人(2012年)におよび、横浜市内では横浜に次ぐ2番目に乗降客数が多い駅となっています。道路交通網は、国道1号線が南北に細長い区の地形に沿って中央を背骨のように貫き、県道や主要地方道が東西に伸びています。交通量の増加により、これら幹線道路では各地で交通渋滞が発生しており、生活環境や産業活動の利便性を向上させるため、既存道路の拡幅や都市計画道路の整備が進められています。

住宅環境について

戸塚駅周辺の都市整備は、1990年に横浜市営地下鉄の乗り換え口となる東口の開発が完了したのに対して、西口は2007年に本格的な開発が始まり、2010年に駅直結のショッピングモール「トツカーナ」、11棟の個別商業ビルから成る「戸塚パルソ」、戸塚駅西口バスセンターなどが完成し、近年になって大規模な開発が完了しました。トツカーナは西口商店街で営業していた地元店舗を中心に形成され、また戸塚パルソは地元の老舗が中心となって開発されており、地域密着型の商業施設となっています。2013年3月には西口駅前に戸塚区役所の新庁舎が完成し、現在は行政や商業機能が充実した戸塚区の中心としての役割を担うエリアとなっています。戸塚駅の東隣に位置する東戸塚駅は、住宅と商業施設が隣接し、計画的に周辺開発が行われてきたエリアで、ニューシティ東戸塚と名付けられた駅前のマンションを中心とした宅地開発は、南の街、光の街、東の街、パークヒルズのエリアごとに、いずれも100戸を越える規模の開発が行われました。メインの商業施設は、西武百貨店とオーロラモール、オーロラモールアネックス、ダイエーの建物で構成されているショッピングモール「オーロラシティー」で、各建物と駅はペデストリアンデッキで繋がっており、周辺住民の日常の通路としても活用されています。各建物の屋上には「緑の公園」や「光の広場」などの名前のついた公園があり、遊具で遊ぶ子どもたちや買い物帰りにひと休みする人などを多く見かけます。駅から少し離れると、農家や牧場、林などが残っており、のどかな風景を見ることもできるエリアです。

柏尾川の桜並木について

区の央部を縦断する柏尾川は、江戸時代からの桜の名所で、昭和初期には戸塚駅から大船までの両岸に見事な桜のトンネルが連なり、関東屈指の桜の名所として知られるようになりました。平成10年の区政60周年時に「戸塚区の花」を決める際には、区民に印象に残る花木を募集したところ60%が桜と答え、その内70%が柏尾川の桜との回答で、シンボル的な区の花として、現在も地域の人に親しまれています。毎年4月には昭和32年から続いている「戸塚桜まつり」が開催され、「戸塚区民囃子」にのって戸塚駅から河川敷へ巡る「花見踊りパレード」のほか、太鼓演奏などが行われ、多くの人で賑わう区の一大イベントとなっています。約700本のソメイヨシノを中心とする桜は、近年では老齢化や生育環境の変化などにより樹勢が衰退期に入っていますが、区民やボランティアの協力のもとに桜並木の回復・再生のための活動が行われ、美しい桜並木を維持しています。また、柏尾川沿いを区の景観軸として、戸塚区らしい川や桜のあるまちづくりが行われています。


神奈川/横浜市戸塚区 の物件一覧で気になる新築・中古マンションを見つけたら、価格・エリア・周辺施設・広さ・特徴で徹底比較!ローンシミュレーションでご返済プランの目安もカンタンに計算できます。 お気軽にお問い合わせください!もちろんご相談は無料です。 新築・中古マンションを探しなら、 神奈川/横浜市戸塚区 の新築・中古マンションの不動産情報サイト東急リバブルでお探しください!

エリアを変更する

  • 神奈川変更
    横浜市戸塚区
  • 市区町村を変更する

条件を絞り込む

基本条件

価格
間取り
専有面積
駅徒歩
築年数
所在階
おすすめ
  • ?

こだわり条件

棟情報
向き
専有部
入居時期
その他
  • 条件をクリア

該当物件:63

この条件で検索する