東急リバブルの健康経営

   

当社では、3つの業界No.1の実現のため、改めて従業員の健康を増進していくことを決意し、「健康宣言」を制定しました。

「リバブル健康宣言」

2016年8月31日

東急リバブルは、「活き活きと永く働ける職場環境」を目指して、
従業員の健康増進を積極的に進めることを宣言します。

当社における取り組みについて

健康増進体制(図)
  • ①LLP計画(Livable Life Promotion計画)とは・・・

    社員のこころとからだの健康施策を、体系的に整理しながら
    立案実行するために制定しました。
    各施策はLLP計画により実行していきます。 

  • ②「健康経営優良法人2017」に認定

    健康経営優良法人認定制度とは、経済産業省が地域の健康課題に
    即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、
    特に優良な健康経営を実施している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。

    ・健康経営優良法人2017認定法人を発表しました!(経済産業省ウェブサイト)

  • ③東京西南私鉄連合健保険組合(西南健保)との連携により健康施策を推進(コラボヘルス)

    西南健保と定期的な進捗状況の報告及び課題の抽出等について協議をしており、
    その活動結果が認められ、健保連・東京連合会から「健康優良企業・銀」の認定を受けました。

「LLP計画」の主な実施内容

  • メンタルヘルス管理職研修
  • 就業時間内の禁煙
  • 禁煙セミナーの開催
  • 健康診断受診率100%
  • ストレスチェックの実施
  • インフルエンザ予防接種の社内実施
  • カラダ測定会の開催   等
  • 禁煙セミナー

    禁煙セミナー

  • カラダ測定会

    カラダ測定会