ごあいさつ

新しい価値を提案し続けます。

 東急リバブルは地域に密着し、地元の皆様に親しまれる店づくりを目指しています。東急リバブルは、不動産流通に特化した会社として1972年に誕生しました。それまで、個人や中小企業が主体だった売買仲介業に大手不動産企業として初めて進出し、以来、数々の先進的なサービスを提供しながら、業界の拡大と信頼性の向上に取り組んできました。その売買仲介業を基盤として、賃貸仲介業、新築販売受託業、不動産ソリューション事業、不動産販売業など多角的に事業を発展させ、「総合不動産流通企業」へと成長してきました。そして現在でも、「リバブルあんしん仲介保証」をはじめとした先駆的なサービス、海外の投資家を対象としたグローバルな事業展開など、当社ならではのサービスや事業を創出し、常にお客様に新しい価値を提案し続けています。

 不動産流通業は、お客様の大切な資産を取り扱うビジネスです。その業務に携わる者として私たちは、お客様から一番に選ばれ、安心して資産を託していただける企業でありたいと思っています。そのために、多くのお客様にサービスをご提供できるよう営業ネットワークを拡大し、情報の量と質を高め、社員の資質向上に取り組んでいます。そして、お客様の豊かな住まいづくりと、企業の不動産戦略のサポートに貢献していきたいと考えています。こうした取り組みを続けることで、不動産流通業界においてNo.1のお客様評価をいただける企業になることを目指してまいります。
 また、東急グループおよび東急不動産ホールディングスグループの一員として、グループの幅広い事業領域と総合力を生かしながら、上質なサービスの提供に努めてまいります。

代表取締役社長  真二